MENU

大学生になれば彼女が出来たり女の子と飲み会をしたり、それは楽しい毎日が送れると思ってました。ところがどっこい、入学してもう2年になるというのに女の子との楽しい事なんて何ひとつありません。毎日大学と自宅の往復。週に4回のアルバイト。もうウンザリです。何か良い事はないか…彼女が出来ないにしても都合よくセックスが出来るセフレを見つけることは出来ないか…僕は毎日のようにオナニーをしながらそんなことばかりを考えていました。

 

自己紹介が遅れました。僕は大学2年生の貴明です。冒頭から恥ずかしい話をしてしまい申し訳ありません。セフレが欲しいとかオナニーをしているとか、大っぴらに言う事ではありませんでしたね。ですがすべて事実なんです。友人の多くは彼女を作り充実した学生ライフを満喫しているというのに、僕は全くの女日照り。彼女どころか女友達すらゼロという状況です。そんな僕でも人並みには性欲がありますので、こんな状況が続いていては欲求不満になるばかり。彼女が出来ないにしてもせめて都合よくセックスが出来るセフレが見つからないかと色々と考えていました。

 

結論からいうと今現在ではとてもスケベなセフレをゲットすることが出来たのですが、それまでには色々と難儀な事があったんですよ。だからと言って何って話なんですが、もしもこれを読んでくれている人の中にちょっと前の僕と同じように、女日照りが続き悶々としている人がいるとしたら、僕の些細な経験でもお役に立つことが出来るんではないかと思い筆をとらせて頂きました。

 

ちなみに僕はセフレを探しはじめた当初、ネットで見つけたセフレ掲示板を利用していました。これからセフレを探そうとしている人の多くは僕と同じようにセフレ掲示板を利用しようと考えているでしょう。ですが前もって言っておきますね。無料で気軽に使えるセフレ掲示板は危険極まりないので決して使わないようにして下さいね。その理由なども含めてこれから僕の経験談をお話させて頂きたいと思います。

 

 

[プロフィール]
名前:貴明
性別:男性
年齢:20歳
職業:大学2年生(ガソリンスタンドでアルバイト)

 

ガソリンスタンドでアルバイトをしながら都内の大学に通う2年生。
学校、バイト先共に男の割合が高く出会いがない。今のところ彼女が欲しいとは思わないが、性欲を処理するセフレが欲しいと思いネットでセフレ掲示板と検索し、たまたま見つけた某サイトでセフレ募集を試みる。
しかし全く関係のないサイトに同時登録されてしまい、架空請求や勧誘などの迷惑メールがおびただしいほど届くようになってしまった。結果として誰一人にも会えずセフレを作ることも出来なかった。
その事を同じ大学に通うセフレ名人の友人に相談したところ、優良出会いサイトを使うようにとのアドバイスを受ける。